ようこそいちぐうのサイトへ <2018年の春はいい予感がします>
近所の桜
「食べ手」から始める、鳴子の米分かち合い救援米プロジェクト
今年の桜は早かったですね…夢と希望でいっぱいに膨らんでそれが溢れ出したピンクの輝き!やっぱり、格別の美しさがあります。

新記事「私が出会ったいちぐう人vol.3 異色の米屋石川さん」(1)~(4)をアップしました!
ジアスニュースで好評連載だった「スローフード」インタビュー、一挙公開しています。
※過去記事をご覧になりたい場合はトップ画面一番下中央の「Archives」をクリックしてください。

★「鳴子の米・分かち合い救援米プロジェクト」には多くの方のご協力をいただき本当にありがとうございました!

2018年3月26日

事の本質はとてもシンプル

春になりました。
好きな季節です。なんといっても、自分が生まれた季節ですから(笑)。

桜って不思議です。毎年、見慣れているのに、なぜか、咲き始めるとワクワクする......そして、咲き誇る桜の花のなんと可憐で華やかで輝かしいこと!

美しい姿を毎年変わらず私たちに見せてくれることに、ただただ感動します。
自然の生きものは「夢中」なんですよね、命を育むことに。

夢中でやっていること(執着せず、自己満足さえもなく、ただ無心であること)は、どんなことも、なぜかそれを見る人の心を動かします。

考えてみれば、子どもの頃ってそうでしたよね。
いつも何かに夢中で楽しくて朝が来るのが待ち遠しくて。

私には、無理はせず、流れに逆らわず、でも譲れないもの、なぜか確信をもって「こっち!」と言えるものがあります。

直感でしょうか。
昔からそうでした。

個人のこだわりや感覚と言ってしまえばそれまでですが、同じ眼の輝きを持っている人、瞳の奥で観ているものが同じだなと感じる人は、その「こっち!」が同じだったりします。

「こっち!」は、「あっち!」や「そっち!」じゃダメで(笑)、絶妙のバランスと言いましょうか、「ココ!」という"点"みたいなものがあるんです。

その"点"がビシッと決まると、全ての物事が自然に美しく統一されていってとても心地よい、みたいな。

個人的には、自然界のシステムとか構造式、スピ的に言えば、宇宙の仕組みみたいなものでしょうか。

当たり前とか、ありのままというのは、そのバランスや仕組みのままにあること、生きることなのではないかなと思っています。

春分の日、新しいことを始めました。
影にばかり隠れておらず、少し自分たちのことをきちんと世にPRしようと思います(笑)。

新生・クリエーターズユニット「てまかえ」オフィシャルサイト↓
https://temakae.com/

思いを込めました。
よろしければ、ご笑覧くださいませ。

Archives